横浜で葬儀を行う時に、こだわるべきというポイントをまとめました。

葬儀までに行うこと

横浜で葬儀を行う場合、葬儀までに行わなくてはいけない事とは一体何なのでしょうか。こだわりのポイントなどをご紹介します。

ここにこだわって葬儀を行いました

会場にこだわって行いました

故人が生前好きだった思い出の場所で、家族だけでゆっくり過ごせるように会場をこだわりました。

祭壇にこだわって行いました

祭壇を出来るだけ豪華にしようと思い、生け花で飾り付ける生花祭壇で好きな花を飾りました。

演出にこだわって行いました

生前の故人のビデオを流したり、メモリアルコーナーを設置して故人との思い出を大切にしました。

返礼品にこだわって行いました

返礼品を一般的なものにしないで、カタログブックを用意して選んでもらう方法にしました。

食事にこだわって行いました

通夜振る舞いの食事を一般的なものよりも豪華にして、楽しく思い出話が出来るように配慮しました。

年々増えている家族葬

喪服の女性

大都市の横浜エリアでは年々、「家族葬」という新しいスタイルの葬儀を執り行うケースが増えているようです。家族葬は文字通り故人の家族や親せき、そして本当に親しかった友人だけでお通夜や告別式を行う、とても小さなお葬式のことを言います。一般的なお葬式の場合、故人を知っている大勢の方が弔問に訪れるというケースも少なくなく、残された家族はその対応に追われてしまいがちです。家族葬であれば限られた人のみが参列することになり、ご遺族がゆっくりと故人と最後のお別れの時間を作れるというメリットがあります。弔問客の対応に時間を割くこともなくなるため、ご遺族の身体的・精神的な負担を軽減できるというのも家族葬のメリットです。

参列できなかった人に配慮する

数珠

希望するご家族が増えているということもあり、横浜市にある斎場では家族葬専用のプランを設ける所も少なくありません。メリットの多い家族葬ですが執り行うという場合、参列することができなかった人に配慮するというマナーが必要です。家族葬は参列する人数が本当に限られてくるため、中には「故人と最後のお別れをしたかった」と、後悔を感じる人もいます。故人と親しく、良い付き合いがあったけれど葬儀に呼ばなかったという人に対しては、はがきなどで後日報告するようにしましょう。

身内の理解も得ておこう

喪服の女性

家族葬の場合、身内だけで葬儀をすることに納得できないという親戚の方が出てくる可能性もあります。核家族化が進み親戚同士の付き合いが希薄であっても、横浜で家族葬の葬儀を執り行うという場合、このようなトラブルが起こるかもしれません。家族葬で故人を見送りたいという場合は、なぜ家族葬を選んだのか・家族葬はどのようなものなのかなど、しっかり内容を説明することで反対していた身内にも、納得してもらえるケースが多いようです。

広告募集中